スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致被害者を救出したいと願う心

 平成23年6月5日、東京で行われた拉致被害者奪還を目的とした国民大行進に在日特権を許さない市民の会東京支部や友好団体が参加したことで、救う会青森、秋田、神奈川、奈良、福岡さんと、拉致解決徳島ネの方々が連帯して救う会の西岡さん、家族会の飯塚さん、拉致議連の平沼先生に質問状(※4)を送付したそうです。

■ デモに当会関東地区も参加したことへの私の見解

 質問状の内容は、『在特会(主に、在特会大阪支部・主権回復を目指す会関西・いわゆるチーム関西)は、関西方面で逮捕者を出して各地で、朝鮮人や韓国人やフィリピン人の排外(※1)を訴えている民族排外主義団体(※2)として当局からも、監視対象に置かれている団体だから、そんな団体と付き合うなら今後は距離をおきます』とし、「国民世論に対してどのような説明を行えばよいのか」を答えて欲しいということです。

 当局からの監視対象になっているのは別に私達だけではなく、政治的(思想的)活動を行う団体は大体全て監視対象になりますからそれは良いとして、ことの発端は第三梯団(※5)に参加したメンバーの主張が過激?だったということらしいのですが、それが事実であるなら「他団体の主催に参加した」団体としては、全くもって間違った行動であると私は思います。それこそTPOをわきまえろという話です。しかし、「拉致被害者を絶対に取り戻すため」にとった行動としては、正しいと確信いたします。

■ 怒りの矛先

 質問状には「それ(在特会の参加)を知った全国の仲間から激しい怒りと不安の声が沸き起こってきています。」「(拉致解決を願う)多くの仲間たちには、国民世論に対してどのような説明を行えばよいのか」ということが書かれておりました。私も在特会副会長として活動していますので、これらいわゆる「雰囲気で参加」されている方達の不安や不満の声というのは、現実的に理解できるし収める大変さも知っているつもりです。

 しかしですよ、拉致の実行犯である朝鮮人やそれに荷担した韓国(籍)人や日本(籍)人に、「激しい怒りと不安」を抱くならともかく、「拉致被害者救出を願っている人達」に対して、その手法の違いで激しい怒りと不安を抱いているなら、「奪還」を主題においてるのではなくて「自分たちが良く思われたい」だけですかと言わざるを得ません。

 非常に残念ですが、そんな上っ面の行動では、あの無法者北朝鮮からとても同胞を取り戻せるわけが無いでしょう。何十兆円か包んで、「話し合い」で北朝鮮に土下座して一人ずつ返して貰うしか無いのでしょう(それでも全員返ってくるならまだいい)。「戦後」日本人らしいといえばそうですが、日本民族ってそんな弱々しくないはずです。

 質問事項の中で、凄いなと思ったのは4番です。全文引用します。

4. 地方の救う会のから、救う会全国協議会・家族会・拉致議連と在特会との関係に明朗な説明と関係者の責任が明らかにならない場合は、今後においては一定の距離を置かざるを得ないとの声が複数出ておりますがどう対処なされますか。(ママ)

 『地方の救う会は、在特会との関係説明・責任説明が無いなら、今後救う会の活動はしません』ってことは、この質問状を出した方々は、「拉致被害者の救出が目的」で活動してるわけじゃないんですね。びっくりしました。

 こういった運動を地方で、出来る人達は限られています。その貴重な人材を主催者が捨てるわけがない(救う会さんは韓国とも協調して救出活動を展開しますのでそれも見越しているでしょう)と見込んで、同志に対して半ば脅迫的に回答を迫っているのを見て心底驚きました。これが何十年かけてもいわゆる保守派が主流にならない原因ですね。

■ 今までのデモ

 そして最も現実を見られてないなと感じるのが「国民世論」とある箇所です。本当に小泉元首相が訪朝して同胞を取り戻した時の様な「国民世論」が、また沸き起こると思っているのでしょうか。残念ながらもう二度とそんなことは無いでしょう。仮に先に書いたように直近で大金を餌に何名か「お返し願って」も、政権の支持率浮揚の道具として使われるだけで、この時に戻って来られなかった被害者の方々は、二度と日本の地を踏むことなく現世に別れを告げるしかなくなると思います。

 これが10年前なら日本国民の眠れる愛国心に火をつけて、一人一人の救出を願う声を政府に伝え、圧力として外交交渉(今の日本では軍事で取り戻すなんてことは絶対に不可能なので)を「して貰う」ために、国民一人一人に懇切丁寧に訴えて涙して皆の「情」にすがる手法は、非常に効果的で正しい運動だったろうと思っています。また、国が動かないのだからこれ以外の運動方法は無かっただろうとも思います。

■ なんのために拉致奪還を訴えてデモをするのか

 でもそれは既に一昔前の話です。その間、各地で広報活動を繰り広げてきましたが結果どうなりましたでしょうか。拉致被害者とその家族や支援者の年齢が10歳増えただけです。物凄い頭の良い学者さんや、政治家の皆さんが何をしても全く進展が無い状態です。拉致されてから既に30年以上経っている方も沢山います。

 この現実を見ずに、未だに(戦後の)日本人らしく、(戦後価値観による)和を以てなど(※3)と言ってるのを見ると、悲しいことですが、多くの被害者や家族の方々がこの世を去っていくのを待っているとしか思えないのです。

 今や、拉致奪還を訴えて行うデモは、拉致実行組織である朝鮮総連や、拉致実行犯の諜報員たちに「日本人は絶対に拉致被害者を取り戻す」という気迫と怒りを見せるものだと思っています。優しい整然としたデモは(戦後の)日本人ウケは良いのだろうと思いますが、そのデモを見ながら北朝鮮の諜報員たちは、「まだまだ返さなくても大丈夫だな」と笑いながら金正日に報告しているんじゃないかと想像してしまいます。

■ 最後に

 私達、在特会北海道支部では(というより当会自体が、いわゆる「民族排外主義」をとっていない)、いわゆる「民族排外主義」に基づいて何かをしたことも、する予定もありません。現時点で私が学んだ限り「民族排外主義」は、私の主義主張とは違うからです。ただ、よく言われるような「好い人」も居れば「悪い人」も居るから云々という考え方では、半世紀もあれば、左翼思想の根底にある性善説でしか思考できない日本人だらけになるんだろうなとも思っています。

 もう残された時間は僅かです。日本国民全体が形振り構わず、「拉致奪還」に向けて怒りの声を挙げないでどうするのでしょう。綺麗事派~過激派?まで、「拉致被害者奪還」の一点で協調できないのは、やはり戦後・日本人だからなのでしょうけど情けなく残念な思いで一杯です。

 但し最後にもう一度書きますが、他団体主催の活動に参加するときは、それに合わせた運動展開を行うべきで、独自にやりたい時は自分たちで主催しましょう(私は、今回特に独自な運動展開だったとは思っておりません)。

---

※1 フィリピン人の排外とは、恐らく「不法入国し在留許可も取らず、不法で在留し続けて騒がれ、実は親族の殆どが不法入国者だったフィリピン人に、法を正しく適用せよと運動展開した」ことだと思います。

※2 民族排外主義とは、戦前の白人による黒人差別などのように、檻に黒人を飼育して見世物として遊ぶとか、狩りの標的として虐殺するとか、犬猫と同じように基本的に人間扱いをしないなど、起因が民族(人種)に寄ることのみで受ける差別をいう。しかし現在では、罪を犯した外国人を責めると「排外主義」とか「民族排外主義」などと言われる。特に、政治・マスコミ・役所・学者・右翼民族派に至るまで、朝鮮半島が絡むと主張がおかしくなる傾向がある。

※3 和を以て貴しとなすとは、聖徳太子の十七条憲法の1条ですが、意味としては、意見が違う党派間や派閥間で無駄に対立せず、しっかりと話し合いが出来れば自然と道理に適った結果になるのだから、無用な拘りを捨てなさいって話なのですが、それはあくまでも大和の国に住む人々(日本人)を対象に言われているのであって、日本人を拉致して金寄越せと恐喝し、ミサイルを日本に向けている大犯罪北朝鮮相手には通用しません。

※4 6月5日の国民大行進に関する質問状
イ) http://nyt.trycomp.com/modules/news/article.php?storyid=8677
ロ) http://blog.livedoor.jp/kanagawablueribbon/archives/4971113.html

※5 質問状では、在日特権を許さない市民の会にのみ言及しているが、当日は、第一第二梯団は今まで通り、第三梯団は在特会、第四梯団は民族派にとりまとめをお願いされたそうです。

※6 ※4のロ)のアドレス、質問状の下にある書込
昨日、紹介した動画ですが1分20秒地点で、明確に「在日朝鮮人を東京湾に叩き込め!!」と入っています。「排害社」の腕章を付けた男が主導しています。(略)朝鮮総連がよほどバカでない限り、「拉致にかこつけた民族排外運動」というプロパガンダのために存分に使うと思います。取り返しがつかないことになりました。

 とありますが、この方は現実を全く知らないのでしょうか?こんな動画でプロパガンダがどうこう以前に、既に何年も使われている朝鮮学校の教科書には、「2002年9月、朝日平壌宣言発表以後、日本当局は拉致問題を極大化し、反共和国、反総連、反朝鮮人騒動を大々的に繰り広げることで日本社会には極端な民族排他主義的雰囲気が醸成されていった」と書かれており、貴方が知らないだけで既にプロパガンダは何十年も行われています。
 相手が日本人ならまだしも、こちらが何もしなくてもこのように絶えずプロパガンダを行っている朝鮮総連相手に何を今更寝ぼけたことを言ってるのでしょう…。

※7 在特会副会長先崎さんからの報告

【報告】救う会福岡と話しました
http://zaitokufukuoka.blog137.fc2.com/blog-entry-52.html
ことの発端は以下の北海道支部ブログをご覧ください。
(このエントリーなのでURL略)

上記北海道支部のブログを読み、このトンデモ質問書を「救う会福岡」も提出してることを確認するため、救う会福岡事務局を担当している松尾和幸氏に電話しましたところ、氏曰く確かに「救う会福岡」も加担していることを認めました。これまで「救う会福岡」とは良好な関係でしたので正直驚きました。

「何を持って在特会を民族排外主義団体と誹謗中傷するのか?」
と問い詰めましたが明確な説明もできず、そもそも勧進橋児童公園事件の経緯についても判決文すら確認していない様子でした。まるで左翼と話している感じで思わず大声を上げてしまい、決別宣言をして電話を終了しました。

今後のことを考えながらの帰り道、救う会 福岡副代表 辻氏(何時も辻氏とは連絡をとっています)から電話連絡があり、松尾氏から件の話を聞いたとのことで「申し訳無い」と謝罪を受けました。辻氏はちょうど所要で保守系団体の方たちと会合を開いているとのことでしたので、そこに直接お邪魔して今回の件を確認したところ以下のとおりでした。

質問書は救う会福岡の総意で出した訳でなく、松尾氏の独断で救う会福岡の名前を使ったものであり、団体としてこの件には関与していないと説明を受けました。この席で改めて「在特会さんには申し訳なかった」
と謝罪をいただきました。よって、この件において在特会福岡支部は謝罪を受け入れ、これまでと同じように救う会福岡とはお互い尊重しながら活動してまいります。

福岡支部においてこの問題はこれで終了しますが、他県の救う会は別です。拉致被害者奪還デモの主催側からの協力要請に基づいて呼びかけ、集まった多くの在特会関係の参加者を愚弄する救う会の質問状は許容しがたいものです。今後、共同提出した残りの救う会には在特会各支部から直接連絡を取って正式に抗議文を送付するとともに、ことの是非を糺していく所存です。

平成23年6月9日 在特会副会長 先崎玲

※8 チャンネル桜の水島社長の見解

 番号は便宜上私が付けました。文字起こしはネットで拾ったものです。作業をされた方お疲れ様でした。アドレスは三羽の雀さんが書かれていたものを頂きました。
http://www.youtube.com/watch?v=aUZcui2E5TA#t=679s

1)先日の拉致被害者救出のデモ行進の中で一部の人間が、「朝鮮人は殺せ!」とかですね「叩き出せ!」とかですね誠に汚いみっともない日本人としての誇りの欠片も感じられない、そういう人間が騒いだそうです。主催者が決めたスローガン、「私はこういうのがあった方がいいんじゃないか」と思っても主催者が決めたものに従うそれがその集会に参加する者の義務でありますし責任だと思います。自分で何かそういう汚い言葉を叫びたければ自分でやればいいんですね。

2)こういうですね寄生虫のように入ってきて好きなことをやる、こういった連中は本当に拉致被害者救出運動に対して敵対だと思います。本当に怒りを感じてます。(後略)

 1)については色々な意見があろうと思いますが、本エントリーで何度も書いてます通り、私は水島社長の見解に全面的に同意しています。自身の主張があるなら、やはり自分で主催して行うべきであるし、それが社会人としての一定のルールだろうと思うからです。

 そして2)なのですが、これは正直がっかりしました。「拉致」は既に犯人が確定しています。誰がどんな言葉で擁護しようとも「北朝鮮」であり、その手先となって実行した朝鮮学校関係者や朝鮮総連関係者、金正日に忠誠を誓う在日朝鮮人たちです。

 その犯人たちや、怒りの声は一切あげない朝鮮同胞たち(例えば「お前らが日本人を拉致するから、真面目に生きてる俺たちまでグダグダ言われるのだ。」など)に、徹底的な怒りの声をあげないといけないのではないですか?それなのに、犯人たち(もの言わぬ同胞含む)に「叩き出せ!」と声を挙げた日本人同胞に対して「寄生虫」呼ばわりとは本当に情けない。「救出運動への敵対」とも。

 拉致被害者=日本人加害者=朝鮮人 という当たり前の図式が、今や日本では、 被害者=家族の人達のみ加害者=汚い言葉を叫ぶ寄生虫の日本人 になってしまっている。一体北朝鮮や朝鮮人や韓国(籍)人は何処に消えてしまったのですか。日本は加害者には優しいと言われますが、拉致被害者(家族)の方々はもう本心を押し殺すことなく本音で日本国民・北朝鮮に訴えなければ、寿命が先に来てしまいます。本当に悔しい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。